なぜ、税金を納めなければいけないのか?

税金を納める理由

なぜ、税金を納めなければいけないのだろう?確定申告の時期には特に、こう思う方も多いでしょう。

 

「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う」
納税は、勤労、教育の義務と並ぶ国民の三大義務の一つとして、日本国憲法第30条に国民の義務として定められています。

 

日本国憲法に「国民には納税の義務がある」と規定されているからとはいえ、税金を納める理由や使い道が分からないと税金なんか支払いたくないというのが、大多数の意見でしょう。

 

私たちが納めた税金は、国民の「健康で豊かな生活」を実現するために、国や地方公共団体が行う活動の財源となるのです。私たちは一人では生きていけません。税は、私たちが社会で生活していくための、いわば「会費」といえるでしょう。

 

税金とは、社会を支える会費のようなもの

わたしたちが納めた税金は、国民の安全を守る警察・消防や、道路・水道の整備といった「国民に役立つ公的サービス」や、年金・医療・福祉・教育など「社会での助け合いのための活動」に使われています。

 

つまり税金は、みんなで社会を支えるための「会費」といえます。

 

豆知識: 公的サービスとは、ゴミの収集や処理、安全を守る警察や消防などの活動のことを言うよ。私たちの生活に欠くことのできないサービス。

 

税金を納めることは、国を維持し、発展させていくために欠かせないことなのですね。